ライブコマースは独自実装かAPIか?

ライブコマースを実装するときに考慮すべきことは?

つい先日、知り合いから「農業のライブコマースをしてみないか?」と言っていただけたので参加することに決めました。エンジニアは私一人でやる予定なので最低限必要そうな実装を検討してみました。

ライブコマースに最低限必要なのは動画配信と購入ページ

意外に思われるかもしれませんが、たったのこれだけでことは足ります(足りるといっても用意するものはそこそこありますが…)。現在のライブコマース市場は日本ではあまり流行ってはいませんがメルカリチャンネル、アパレル特化ライブコマースのTAGsAPI、海外で使われているAgora.ioなどが挙げられます。メルカリ自体が有名なので日本ではメルカリチャンネルが有名かと思います。今回調べていてAgora.ioは知らなかったのですが、世界的に有名でAWSと同様に従量課金なので実際に規模が大きくなった段階で使ってみる価値はありそうですね。

動画配信と購入ページでは動画配信をどうするか、といった悩みの方が比重は大きかもしれません(個人が行う場合は大手のアプリで十分だと思いますが)。ですが、上記のサービスを利用したりYoutubeのLiveを利用することで対応ができるので、思った以上にサクッと作れそうです!

独自実装でも可能ですが時間と手間、そしてコストが多大にかかるので先行きが問題なければ作ればと思います。今はもうそこまでのリスクを取らずにプレリリースのような形で作成できるのは嬉しいですね。

まとも

このように調べてみると世の中にはすでにAPIという形でサービスがリリースされているのはありがたいですね。これからライブコマースの話が進んだらこちらでも更新していこうと思いますよ~。

コメント