React Native for Androidの実装方法

choco のダウンロード

管理者権限のコマンドプロンプトで下記を実行

@”%SystemRoot%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe” -NoProfile -InputFormat None -ExecutionPolicy Bypass -Command “iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString(‘https://chocolatey.org/install.ps1’))” && SET “PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin”

Node, Python2, JDKのインストール

管理者権限のコマンドプロンプトで下記を実行

choco install -y nodejs.install python2 jdk8

 

Android StudioでAVDの作成

Toos → AVD Managerで指定の

・Android SDK Platform 26
・Google APIs Intel x86 Atom_64 System Image

React Nativeで作成したプロジェクトのフォルダにあるAndroidへ環境変数を設定する

Oreo API Level 26, x86_64 ABI image with a Android 8.0 (Google APIs)のダウンロード

Android Studioで作成したプロジェクトのローンチを行う

→作成したAVDを、Android Studioで実行しエミュレータが立ち上がった後にコマンドプロンプトでreact-native run-androidを実行するとエミュレータに表示される。

まとめ

公式のドキュメントをベースにやっていて、わからないことに対しての記述は少なく感じたけども、書いてある通りに記述すればとりあえず実行は可能になることがよくわかった良い機会だった。

参考URL

https://facebook.github.io/react-native/docs/getting-started.html

https://medium.com/anypay-tech-blog/react-native-first-impression-bbca760f8c7f

コメント