LINE BOOT AWARDS 2018 ハッカソン@大阪に参加してきました

先日、三連休の日曜日と月曜日にあったLINE BOOT AWARDS 2018 ハッカソン@大阪に参加してきました。アイデアソンは参加したことがあったのですがハッカソンには初めての参加なのでたくさんの学びがありました!

LINE BOOT AWARDS 2018 ハッカソンとは?

東京の様子はこんな感じ
https://togetter.com/li/1260541

開催している場所が違いますが雰囲気はほとんど変わりません。

 

実際に参加したのはこちら
https://code4osaka.connpass.com/event/97024/

初めて参加して思ったこと

今回の初参加で「こんなものができたら良いな~」なんて思って書いたものが票をいただけて、初めての参加でチームを組むことになりました。すべてが初めてのことでよくわからなくなってましたが、ハッカソンの雰囲気が味わえた良い機会になりました。運営の方々に感謝!

ハッカソンに参加して思ったことは、多少コーディングができれば周りの人に迷惑はかかるけど参加はできる、ということ。

1年前はもっと怖いというか、苦手というか、自分が参加して大丈夫だろうか。。。なんて思ってました。たしかに少しはできることがないと困ると思いますが、自分で普段からなにかをやっている人なら、ぜひ参加することをおすすめします。

なぜかというと、面白い発想であったり考え方が近い人がいたり、普段のイベントや勉強会よりも濃い人が多いイメージがありました。そんな人たちと一緒になにかを作ると、次もなにか作ろうとモチベーションがあがるので、いろいろなきっかけが作れるんじゃないかと思います。

今回考えたのはレシピ読み上げのclova

先日にLINE clovaのハンズオンに参加して、どうせならなにか作ろうと思ったのが参加するきっかけでした。clovaの仕組み自体まだわかっていない状態での参加だったので、自分ができることがよ~くわかった2日間になりました。もちろん、マイナスの面もありますがそれ以上に次へ向けてであったり、他の人の着想が聞けたのは大きかったです。

今考えているのはレシピの他に、HondaがLINEと連携するような記事もあるようにカーナビのハックができるとclovaの魅力がより伝わるのではないかと思います。調べても記事が少なく、そもそもカーナビ自体が外部接続しないアプリケーションなので作るとすればスマホベースで作成することかなと思います。時間があれば作成する予定なので乞うご期待!

VUIの役割とは?

両手が塞がった状態でどう人をサポート(アシスト)するかがVUI(Voice User Interface)のキーワードにもなっているので今後に期待。

コメント